加齢と共にシワやたるみに悩まされ人の解消方法は

サイトメニュー

スプリングリフトとは

女性

画期的な施術法として人気

頬やフェイスラインなどのたるみが気になるけれど、メスを使う本格的な美容整形で解消するのは避けたいという人に、選ばれているのが糸でのリフトアップ術です。銀座の美容整形外科クリニックを訪れる理由としても、糸でのリフトアップ術は挙げられるほど、近年注目を集めているアンチエイジング法となっています。メスを使う美容整形の場合、5歳・10歳と若返り効果を実感できるケースもありますが、顔にメスを入れる必要があり、なかなか施術に一歩踏み出せないという人が多いようです。糸でのリフトアップ術はというと、医療用の糸を針で皮膚内部に埋め込むという施術法となるので、顔にメスを入れるということはありません。メスを使う美容整形への抵抗や恐怖心が強いという人も、比較的チャレンジしやすいということから糸でのリフトアップ術は銀座の美容整形外科クリニックでも多く選ばれています。さらに、糸でのリフトアップ術は施術法の払いティが豊かで、効果や予算、施術内容などによって自分に合う方法を選べるのも魅力です。最近は、従来の施術法よりも格段にダウンタイム期間が短くなった、「スプリングスレッド」という方法を選ぶ患者さんが増えています。個人差はあるもののスプリングスレッドの場合、術後のダウンタイム期間は約2日から3日ほどで回復期間が短く、すぐに日常生活に戻れることから忙しい女性などに選ばれているようです。

最新の美容整形を取り入れている美容整形外科クリニックが多い銀座では、今「スプリングスレッド」というアンチエイジング術に注目が集まっています。スプリングスレッドは顔に糸を埋め込み、たるんだ肌をリフトアップさせるというメスを使わない、アンチエイジング術の1つです。糸でのリフトアップは銀座の美容整形外科クリニックでも古くから行われていますが、なぜ近年スプリングスレッドの注目が高まっているのでしょうか。スプリングスレッドは従来の施術法に使われてきた糸とは、全く異なる柔軟性・伸縮性の強い糸を用いるのが特徴です。古い施術法で使われてきた糸は柔軟性・伸縮性に乏しく、顔の筋肉の動きに合わせて糸が伸び縮みしないため、笑った時に違和感を感じたり突っ張ったような感覚がありました。スプリングスレッドで使う糸は柔軟性と伸縮性に優れていることもあり、顔の筋肉の動きについてきてくれて従来の施術で起こっていたデメリットを解消しています。柔軟性・伸縮性があるということは、顔の筋肉を動かした際にかかる糸への負荷が軽減され、切れにくくなり長くアンチエイジング効果をキープすることも可能です。さらに、糸にはコグという突起物が1cmあたり24個と細かくつけられており、皮膚内部の組織をより引っかけて固定する力が強いため、しっかりとリフトアップ効果を得られます。